悪ノ娘 黄のクロアテュール

Story

「君を守る……そのためならば僕は、悪にだってなってやる!」

 エヴィリオス地方の大国・ルシフェニア王国。広大なこの国を統治していたのは、わずか14歳の王女・リリアンヌだった。彼女はその絶対の権力を使い、民衆からありとあらゆるものを搾取し、逆らう者は誰であろうと容赦なく首をはねた。

 そんな王女の傍らには、彼女と顔のよく似た召使が控えていた。彼の名はアレン。幼いころに死んだことにされていた、彼女の双子の弟である。姉のわがままから始まった大きな戦争、その中で消えていく多くの命。残酷な選択を迫られたとき、少年は何を選ぶのだろうか——。

 一方、王女の暴政に激怒した民衆は“赤き鎧の女剣士”を中心とした民衆軍を組織。ルシフェニア政府に対し反旗を翻す。その中心にいた“赤き鎧の女剣士”——アレンの義姉・ジェルメイヌは、自らの想いを込め、王宮へ刃を向けた。

 そして、黄ノ国の終曲<クロアテュール>が始まる……。

 

 

Character

リリアンヌ=ルシフェン=ドートゥリシュ(鏡音リン)

ルシフェニア王国を統べる傍若無人な王女。王宮に籠っているため、その姿を知る者は少なく、民衆には「悪ノ娘」と呼ばれ忌み嫌われている。

※このキャラクターは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社から発売されている、VOCALOID2キャラクター・ボーカル・シリーズ02「鏡音リン・レン」の“鏡音リン”をモチーフにしています。

 

アレン=アヴァドニア(鏡音レン)

王女つきの召使として王宮に仕える、生真面目な14歳の少年。剣術、馬術共に相当な腕前を持ちながら、あえて凡庸な召使として働いている。

※このキャラクターは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社から発売されている、VOCALOID2キャラクター・ボーカル・シリーズ02「鏡音リン・レン」の“鏡音レン”をモチーフにしています。

ジェルメイヌ=アヴァドニア(MEIKO)

ルシフェニア城下町に住むアレンの義姉弟で、レオンハルトの養女。仲間想いの姉御肌で、とても慕われている。実は頭もいいらしい。

※このキャラクターは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社から発売されている、VOCALOID「MEIKO」のキャラクターをモチーフにしています。

 

シャルテット(重音テト)

王宮に仕える侍女でアレンの幼馴染。怪力の持ち主であり、力仕事が得意。その代わり、細かな作業が苦手で、よく物を壊している。快活な性格から王女には気に入られており、ティータイムを共にすごすこともある。

※このキャラクターは“重音テト”をモチーフにしています。

ガスト=ヴェノム(神威がくぽ)

傭兵団を率いる凄腕の傭兵で、「アスモディンの悪魔」と呼ばれ、エヴィリオス地方では見慣れない武器を使う。端整な顔立ちと長い髪から、よく女性と間違われる。過去に、三英雄とは何らかの関係があったようだ。

※このキャラクターは、株式会社インターネットから発売されている、VOCALOID2 アーティストボーカル「がくっぽいど」のキャラクターをモチーフにしています。